ペンギン男の生活@気になるのは、海外SEOとYOGAとお天気

Web方面では、SEOだけでなく、事業計画やファイナンスといったWebビジネスを柔軟に支えるナレッジもカバー。身体方面では、ヨガだけでなく、ストレッチも加えたエクササイズのナレッジを積み上げていきます。なお、体調に大きく影響する他のトピック、例えば天気の話題も時折絡めます。

【Google技術知恵袋(YouTube LIVE)⑧)】Google検索最新情報入手チャネルとか、サーチコンソールの警告とか。

こんにちは、ペンギン男です🐧   

どちらかと言えば、ニッチなトピックの多かった質疑応答ですが、急に?!親しみのもてる内容が浮上することが多くなり、すこしモチベーションが上がっています😊

2019年3月7日 Japan  Webmaster Office Hours ↓

https://youtu.be/l9TPr-YdALw:embed

この記事の続きです↓

そして、アカウントの説明によると、この配信の趣旨はつぎの通りです。

ウェブマスターオフィスアワーは、ウェブマスターの方からのご質問にGoogle社員がお答えしたり、ウェブマスターの方とGoogleの間での情報交換をざっくばらんに行う場です。みなさまから事前にイベントページ上に頂いた質問にお答えしながら、リアルタイムでやりとりもさせて頂けたらと思っています。 

————————————————————————
【目次】

————————————————————————

AMPを導入するべきですか

質問者補足)→企業サイトを想定

スピーカー回答)→一言で言えば、費用対効果。実装する手間がかけられればよいのか、と。例えば、すこし手の込んだトラッキングJavaScriptなんかで実装されている場合には、なかなか難しいかもしれない。

コメント)→AMPで実現されるであろう、ページの表示速度の向上は、程度の差こそあれ、Google検索の上位表示やユーザーエクスペリエンスの向上には、繋がることと思います。しかし「費用対効果(スピーカーの方は、この言葉そのものはチョイスされていません💦)」の計算は相当難しそうですね。

 ですので、AMPそのものだけを考えていても結論は出ず、社内事情に寄せて検討した方が実際的かもしれませんね。予算が余ったとか、あるプロジェクトが流れて人のリソースがたまたま確保できそう、とか、そんな理由で💦

 

キーワードによる表記揺れを集約すべきか

質問者補足)→ユーザーに入力したもらう項目が多く分散しがちで順位が上がらない

スピーカー回答)→よく受ける質問

①決定的な対策はない。

②表記ゆれというのは、同一の対象を指し示す、ワードAとやワードAダッシュがあるとします。それぞれを検索にかけると、微妙に掲載順位が異なることを問題視される方は多い。

③これといった決定打もないこともあり、気にせず、よいコンテンツ作りに邁進して頂きたい

コメント)→ビギナーの私がいうのもなんですが、そんなに気にするようなことでもないのでは?たとえば、ある特定のキーワードでの検索を望むなら、当該キーワードを軸にした明日をするしかないような気がします。企業の社名変更の際なんかに気にされるのでしょうか。たとえば、東京急行電鉄東急電鉄みたいな😊

  

サーチコンソールの警告と手動対策の関係

質問者補足)→カバレッジなどの警告が発生すると何かのペナルティー?そして、それは検索順位に影響?

スピーカー回答)→ここでいう「カバレッジ」とは、インデックスカバレッジレポートと理解します。警告と言っても、今のままだと、クロールが出来ません、といった「お知らせ」のようなものなので、ペナルティとは関係ありません。従って、手動対策(それが自動の場合でも)気にする必要はない。

なお、手動対策については、ウェブマスター向けガイドラインを熟読してほしい。関連記事↓

コメント)→単にみなさん熱意があるだけかもしれませんが、多くの方が、何かと言えば、ペナルティに直結することを懸念されていますね。この質疑応答を見る限り、かなりGoogleさんはフェアですが、逆に、こんな質問が出ること自体、コミュニケーション不足と認識されてらこうしたイベントを開催されているのかもしれませんね。

 

IPアドレスではなく、ドメインを表示させたい

質問者補足)→Google検索の結果、サイトのURLがドメインではなく、IPアドレスが表示されてしまう。

スピーカー回答)→  IPアドレスからドメインにリダイレクト(HTTPステータスコード301)して頂くことで解決すると思われます。ただし、IPアドレスが表示されてしまう原因が少し気になるので、実例を共有頂けると助かります。

コメント)→確かにIPアドレスが表示されてしまうと、ドメインに比べて、外からの侵入を許してしまいそうな恐れは感じますね。

  

 Google検索の最新情報の入手方法

質問者補足)→特に無し

スピーカー回答)→なんと言っても、ウェブマスター向け公式ブログ。関連記事↓

はたまた、このスピーカーを務めたある金谷・アンナのツイッター↓をチェックしてほしい。

コメント)→活用しているかどうかは別として、既にリーチはしたことあります💦

  

また、次回。

 

#YouTube

#Google Web Masters

#Japan Webmaster Office Hours