ペンギン男の生活@Web系ビジネススキルと、それを支えるボディケア

Web系ビジネス方面ではSEO・事業計画を中心に、ボディケア方面ではヨガ・ストレッチを中心に、ナレッジを積み上げていくブログ。

【GoogleオススメのSEO対策ガイド!③】適正な階層化、適正な構造化データへの注力。Googleは結構前から構造化データ推し💦

こんにちは、ペンギン男です🐧  

Googleが真っ向から「SEOのため」の「スターターガイド」と銘打つドキュメント↓

【旧版】

検索エンジン最適化スターターガイド

【新版】ウェブページ(2017年アップデート)

最近?追加された構造化データは不勉強ですが、その他の骨太な重要ポイントを追っていきます。

————————————————————————

【目次】

————————————————————————

上記の検索エンジン最適化スターターガイドのウェブページでの表記順、見出し順に(基本的に)見ていきます。

 

サイトの階層を整理する

検索エンジンによるURLの使用方法を理解する

どんな新しいことが、書いてあるのかと思いきや、ちょっと忘れがちな情報のおさらい。しかし、わたしもすっかり忘れていました💦

[プロトコル]://[ホスト名]/[パス名]/[ファイル名]?/[クエリ文字列]#[フラグメント]

例)https://www.example.com/RunningShoes/Womens.htm?size=8#info

へぇー、

「?」の前→ファイル名

「?」の後→クエリ文字列

だったのですね。これで、少しログが読みやすいなりました😊

ちなみに「フラグメント」(上記の例では「info」)というのも初耳。これは、ページ内のブラウザのスクロール先を特定したもののようです。ただし、これは、積極的な意味に乏しいらしく、無視されがとか💦

 

検索エンジンにとって重要なナビゲーション

ホームページ起点で階層を検討したり、パンくずリストの使用が勧められています。

 

ユーザーにとってシンプルなナビゲーションページを作成する

ポイントは以下の通り。

  • 分かりやすい階層を作成する
  • ナビゲーションにテキストを使用する
  • ユーザー向けにナビゲーションページを用意し、検索エンジン向けにサイトマップを作成する
  • 有益な404ページを用意する
  • コンテンツの情報を伝える分かりやすいURL
  •  URLは検索結果に表示される

とくに、最後の方の「有益な404ページ」は印象的。存在しないページについては、きちんとユーザーなり検索エンジンに伝えることがwin-winのようです。Google運営のウェブマスター向けYouTubeでも同様のトピックが取り上げられていました↓

 

URLは検索結果に表示される

先のパラグラフの最後に出てきた、当該項目では、追加で細かいアドバイスあり、ここで追記します。

  •  URLで単語を使用する→あまり長ったらしかったり、あまりに一般的であったり、過度にキーワードを詰め込むのはやめよう、というアドバイスもしっかり。
  • シンプルなディレクトリ構造を作成する
  • ドキュメントに到達する URLのバージョンをひとつにする

 

最後に

かつて(今も)最重要視された

  • タイトル、メタディスクリプション、見出しなど三大エリアの使い方
  • 過度にキーワードを詰め込まないなどのペンギンアップデート的なナレッジ  

などは、もしかしたら、相当部分、広く共有されてきているのかもしれません。

ペンギンアップデートとは?基礎知識から対策方法まで解説!|SEOラボ

過去、しつこいくらいに繰り返されてきた、そうしたナレッジのチョイスは抑えられ、ここでは、それ以外のトピックばかりが優先されています。

各種ガイドラインや情報発信を見る限り(昔から、存在したことは存在したと思いますが)「階層」や「構造化データ」整備に向かって、Googleさんは、舵を切られたのかもしれませんね。

 

また、次回。

 

#検索エンジン最適化スターターガイド 

#SEO

#構造化データ

#階層