ペンギン男の生活@ボディケアも。Web系ビジネススキルも。

ボディケア方面では、ヨガ・ストレッチを中心に、Web系ビジネス方面では、SEO・事業計画を中心にナレッジを積み上げていくブログ。

【ホームページ集客①】Googleアナリティクスとの二人三脚

こんにちは、ペンギン男です🐧

Googleアナリティクスの仕組みにちょっと触れてみたおかげで↓、それがどんなものなのかというイメージが、少し出来てきました。遅まきながら、そして、ゆっくりゆっくりながら、Googleアナリティクスのような分析をベースにした、ホームページへの実際の集客パターンに目が向いてきました。
penguinotokonoseikatsu.hatenablog.com

Googleアナリティクスに関する本は、ひとまず置いて、具体的な集客パターンを見てみたいと考え、この本↓に着手しています。

なお、この本は、個人運営というより、小さくても「会社」ホームページをターゲットとしています。

出典はアマゾンさん。

 

 

 

(ページネーションはkindleでの表記に従います) 

基本的な視点

No.16

ネット集客とはweb上の営業マン

これだけ丁寧にユーザーに働きかけるわけですから、まさに営業マンという表現がぴったりですね。以前のFaceToFaceの泥臭さはないとは言え、ここらあたりの粘っこさは忘れてはいけないかと。

腰を据える必要性

No.17

ネット集客でありがちな間違い

「今はFacebookがよい」「今度はLINEがよさそうだ」といった話は、すべて流行り廃りのある手段でしかない(中略)大切なことは「どの手段が有効か?」という単一的な視点よりも「一つ一つの手段をどのように組み合わせて、営業・販売網として成立させるか?」という全体設計です。

個人運営による小さなサイトだと、そんなに手は無いので、これは企業向けの説明ですね。とは言え、どのツールも、合う・合わないはあるとは言え、恐らくは作り込まれた作品。ある程度はお付き合いすることは必要そうです。

 

小さな会社向けながら、実際にどんな施策をイメージされているか

No.27を編集

  •    youtube動画施策→毎週5本
  •    ブログ施策→毎週1本
  •    Facebook施策→毎日1本
  •    メルマガ施策→毎週2回
  •    定期チェック→Googleアナリティクス確認月1回   

これは、なんとはなく、参考になりますね。具体的には

  •     動画重視
  •     定期チェックは月に1回程度 

という点。個人運営だと、小さな会社の運営とは近しいものがあると思うので、具体的イメージを掴むには、よい情報か、と。

 

youtubeに関する事例

No.80

動画を見てみると、素人が撮影した、ほぼ編集なしの動画と分かるでしょう。しかし、この会社は動画を通して、新規客からの問い合わせを獲得しているのです。撮影はスマートフォン 

No.80

町の小さな歯医者さんが「歯科治療」の様子を撮影した動画を定期的に公開し、新規来院患者を増やしているという事例も存在します

ここまでくると、だいたい想像はつきそうですが、youtubeねらいである理由は次の通り。

No.80

小さな会社がyoutube動画を活用する狙いについて触れておきます。それは一言でいうと「検索サイトの上位表示対策」 

私はまだ動画に手を出していないので、明確なところはわかりませんが、

  •     コスト負担なし
  •     手間の負担少な目
  •     youtubeGoogleと同じグループであり、検索サイトの上位表示に有利

という理屈はよく分かります。しかし、こうした集客は、冒頭でも触れたとおり、ホントに地道な営業ですね💦華やかな、一発勝負?!のYOUTUBERさんのイメージとはかけ離れてます💦

    

今後

これから

の順で、解説が続きます。特に動画は着手していませんし、ネット広告も同様。しかしながら、考え方にかなりの共通点があるように感じられること、着手の有無はともあれ、概要の把握は、もはや必須のイメージあります。次回から、各論に入ります。

 

また、次回

 

#ネット集客のやさしい教科書

#Googleアナリティクス

#Googleサーチコンソール

#アイトラッキング

#ページビュー

#インプレッション

#直帰率

#離脱率 

#4p

#訪問チャネル

#Scroll Depth