ペンギン男の生活@ボディケアも。Web系ビジネススキルも。

ボディケア方面では、ヨガ・ストレッチを中心に、Web系ビジネス方面では、SEO・事業計画を中心にナレッジを積み上げていくブログ。

【Googleアナリティクスのやさしい教科書①】Googleの意図を汲むツール

こんにちは、ペンギン男です🐧

この「Googleアナリティクス」というワード、よく目にしますね。実際に導入されている企業も多いとか。しかしながら、検索キーワードが「NOT PROVIDED」というレスポンスでブロックされている環境下、セッションやページビューという基本的なデータ(もちろん、これらは、無くてはならないものだとしても)以外は、そんなに使い勝手がよくなさそうなイメージ。一方で、Googleアナリティクスに関する書籍の出版は未だ盛んなイメージ。やっぱり、一応は見ておくしかなさそうです💦ちなみに、このGoogleアナリティクスは、解析対象となる運営サイトがないと、からっきし分からないものですよね。上述の「そんなに使い勝手がよくなさそうなイメージ」は、自身のサイト運営前に抱いたものでした💦

出典はアマゾンさん。

 

 

(ページネーションはkindleでの表記に従います)

なんと最初から、Googleアナリティクスでできないことから始まってます

次の引用に、Googleアナリティクスができない例が挙げています。おそらくは、ユーザーの期待が過多なのか、そもそも無理でしょう、というようなアイテムも含まれています

No.20を編集

Googleアナリティクスではできないこと

  •    ユーザー→自身のサイト以外の情報や、ユーザーの個人情報に関することは調べられない
  •    集客→他社サイトに出稿された広告の表示回数などは調べられない
  •    行動→ユーザーの視線の動きなどは調べられない
  •    ゴール(コンバージョン)→ユーザーの心理は分からない

ここまで期待されるのなら、公表当時のGoogleアナリティクスのパワーはかなりのものがあったに違いないと思われますが、それにしても、過大なリクエスト💦

もっとも、視線の動きをとらえる「アイトラッキング」なんていうツールは実在するそうです。

アイトラッキングとは - コトバンク

No.26 

コツその③ーデータ精度より改修頻度

筆者の経験則ではありますが、サイトの改善度合いは、緻密なデータ分析よりも、改修頻度の高さが影響しているようです。つまりトライ&エラーの繰り返しこそが、改善効果を上げる大きな要素なのです。

おそらく、このマインドセットは周知徹底しているイメージあります。なにより、一旦、公表しても、技術的には、すぐ引っ込められるのは、ネットの強みと言えば強みですよね。

そうなると、最初からすべてを網羅するというより、重要な指標から、順番にチェックすることで、十分実際的なのかも

No.27を編集  

Googleアナリティクスの「集客」に関する主要指標一覧

  •    ユーザー→サイト訪問の人数。同一人物の複数訪問はカウントしない
  •    セッション→サイト訪問の回数。同一人物の複数訪問もカウント。
  •    ページビュー数→サイト全体のページが表示された回数
  •    平均セッション時間→サイト訪問してから帰るまでのセッションの平均時間
  •    新規ユーザー→サイト初訪問の人数
  •    直帰率→1ページしか閲覧しなかったセッションの割合
  •     ユーザーあたりのセッション数→一人当たりの平均サイト訪問回数(セッション➗ユーザー)
  •     ページ/セッション→一人当たりの平均ページ数(ページビュー➗セッション)

なんだか、まどろっこしい表記になりましたが、データ分析というトピックなので、ある程度は、こうした指標の羅列は致し方ないかと。逆に、この辺りを注目してサイト改善に努力してほしい。そうしたら検索順位をあげますよ、というGoogleのメッセージなのでしょう。

ちなみに、ユーザーが、ユニーク・ユーザーのことだなんて、初めて知りました💦あと、直帰率という指標が気になります。サイト滞在時間を増やすためには、ここを改善する必要あるようです。

 

まとめ

今回はとりあえずの導入部分。Googleアナリティクスの強みのディテールは、次回以降に確認予定です。

 

また、次回

 

#Googleアナリティクス

#Googleサーチコンソール

#アイトラッキング