ペンギン男の生活@ボディケアも。Web系ビジネススキルも。

ボディケア方面では、ヨガ・ストレッチを中心に、Web系ビジネス方面では、SEO・事業計画を中心にナレッジを積み上げていくブログ。

【ストラクチャード・ファイナンス⑤】今後の関わり方

こんにちは、ペンギン男です🐧

この偉大なる?ストラクチャード・ファイナンスのまとめを。

 

その仕組み

企業の有する売掛金などの「債権」を活用するという画期的な仕組み。しかも、その債権を、株のように小型化し、広く薄くリスク分散を実現する方法。

 

そのメリット

なにより、

✔️大型の資金調達を実現し

✔️リスク分散を図るという  

ファイナンスのエッセンスを実現する、秀逸な仕組み

 

デメリット

✔️なによりも、複雑さ。

     →企業、債権を活用する組織、債権を小口化

        するための金融機関、資金流動化に関する

         法律を取り扱う弁護士などの専門家が、

         他のファイナンス・スキームより高い

         コミット度が要求される

 

ほかのファイナンス・スキームとの違い

<どこで資金がきちんと生まれるのかを見極める際の「どこで」の違いで、考えてみる>
 ○ストラクチャード・ファイナンス

    →対象となる、債権の質と、債権の小口化・

        現金化の仕組みの質

○コーポレート・ファイナンス

    →貸出先の企業の信用

○プロジェクト・ファイナンス

    →対象となるプロジェクトの事業性

 

<貸借対照表でのポジションの違いで、考えてみる>

○ストラクチャード・ファイナンス

    →資産の部を使います。

       これは、結構、画期的です。

○コーポレート・ファイナンス

    →負債の部を使います。

        かなり伝統的。

○プロジェクト・ファイナンス

    →(いろいろ混み合ってますが)貸借対照表

       の外です。

 

AIとの関わり

金融機関は、AIの台頭に若干の危機感を感じつつも、ゲーム業界や電話業界とともに、ITの恩恵をもっとも受けている業界と言えましょう、

ストラクチャード・ファイナンスも、債権の小口化する訳ですが、これは、リスクの細分化が最大の目的。

となると数理的なリスク分散のあり方につき、AIによって、一層、効果的なフォーメーションが発見される可能性も高いと言えましょう。

実際、着手されている方は、少なからずおられると推測します。

やっぱり、ファイナンス従事者も大なり小なり、プログラミングあたりへの接点は持っておくべきかもしれません。

プログラミングというと一足飛びな印象もありましょうが、ITには「総論」はあまり力をもたず「各論」が全て、という印象を強くしておりますので。

 

今後の課題

資金の大型需要案件は、ここ日本では、あまり見かけないように思います。

専ら、大規模な初期投資の不要なITが、産業を牽引しているので。

とは言え、まもなく?電力を中心とするエネルギーがもっと一般化し、AIとシナジーを起こし、再度、大型資金需要が発生するシナリオはなくはないと考えています。

もちろん、100%私見です💦

なかなか、他の折れるトピックでした。

 

また、次回

 

#ストラクチャード・ファイナンス

#仕組み債

#森ビル 

#六本木ヒルズ

#プロジェクト・ファイナンス

#プライベート・エクイティ